FC2ブログ
フランスのメディアの話題から
日々覗いている仏メディアで日本で報道されていないものをメモします
ペルラン大臣

http://www.rue89.com/2013/04/11/fleur-pellerin-vole-secours-dappgratis-start-up-viree-apple-241373

iPhone ユーザー向けの話になりますが、AppGratisというフランス製のアプリがありました。一時はアメリカのアプリ導入の5%のシェアに達していたという成功物語でした。

AppGratisというのはフランスのベンチャーでiPhoneに入れると、毎日有料のはずのアプリを一つ無料で導入できるというもので、かなりの人気を得て、つい最近フランスの大手携帯電話二社から10億円レベルの増資を得て順風満帆の勢いでした。

しかし、これがアップルの逆鱗に触れたのか、日本でもニュースになりましたが、突如アップルストアから追放されてしまいました。アップルストアのルールではアップルストアと同様の機能を売るアプリは禁止とあるのがその根拠と米国メディアが発表しました。

45人を雇う若い社長は出張先のブラジルでこのニュースを知り、呆然として、なんとかアップルに対話を持ちかけていますが、動きはない模様です。同様の他のアプリはまだ公開されていて、狙い撃ちされたというニュアンスの発現もしています。

これが日本なら、ふーん、出過ぎた真似をしたからじゃねーの、みたいで一巻の終わりなわけですが、じゃーん、それはフランスです、韓国の孤児でありがならフランスに引き取られ、大統領を多数輩出したENAを出たペルラン国務大臣が同社を訪問です。

ペルラン大臣はアップルのやり方は「野蛮」「不正」で「ネットの公正さに反する」とまでおっしゃっていて、アップルに少なくともAppGratisと対話を設けるように促しています。

グーグルにも結局「新聞記事を無料で使っている」と訴えてなんかお金を払わせた仏政府、一番厳しいというアップルがどうでるか見ものです。
スポンサーサイト



プロフィール

ペドラパン

Author:ペドラパン
ときどき覗くフランスのメディアの記事で日本ではあまり紹介されていないものをとりあげます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

訪問者数