FC2ブログ
フランスのメディアの話題から
日々覗いている仏メディアで日本で報道されていないものをメモします
日本では暴言、放言の類は、降格、クビになっても数カ月で元の仲間の元に戻り、また1、2年すると同じ暴挙を繰り返すということが多いですが、フランス、ヨーロッパでの責任の取らせ方はちょっと違うようです。ちょっと見てみましょう。

ディオールのトップデザイナーであったガリアノ氏がパリのカフェで酔ったうえ、隣に座っていたカップルに「俺はヒットラーが好きだ、お前らみたいなやつらも、お前らの母親達も、先祖たちもみんなガス室送りだったはずだ」と暴言を吐き、ディオールをはじめ、業界を追われて二年になり、アメリカの雑誌にインタビューが載りました。

これは将来「慰安婦がらみ」の発言に対する企業や、政府の対応と絡めて考てみると突然身近に感じさせられる話題です。

ガリアノ氏は首になっただけでなく、6000ユーロの罰金を受け、海を渡ってニューヨークで受け持っていた講義もキャンセルになったとのことです。

ディオールのモードを追いかけるプレッシャーは大変なもので、氏はストレス解消に酒におぼれ、さらに薬にも手を出すようになったと言っていますが、事件以降きっぱりこれをたち、治療を受け、さらにユダヤ人団体等にお詫びの行脚をしているとも答えています。

慰安婦に関わる発言を、ナチスに並べて批判するケースが見られますが、どうにもその厳しさは全く違うようです、比較的失敗した人の復帰を認めると言われる欧米社会にしては徹底的に許さない姿勢が貫かれています。しかし、どんどん世界化、激化する慰安婦問題もほっておくと、こうなっていくのかもしれません。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ペドラパン

Author:ペドラパン
ときどき覗くフランスのメディアの記事で日本ではあまり紹介されていないものをとりあげます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

訪問者数