FC2ブログ
フランスのメディアの話題から
日々覗いている仏メディアで日本で報道されていないものをメモします
健康センターで時々見られる、お湯に足を入れると魚が角質をつついてくれるという、あれ、ドクターフィッシュですが、お湯に足を入れて、まあ、皮を取るわけで、感染症とか伝染病の可能性が完全に否定はできないと言われています。

そんなわけで、ウィキによるとドイツとトルコでは保険適用というドクターフィッシュは、アメリカでは一部の州では規制、イギリスでも規制検討中とのことで、日本はまあ、温泉慣れしている分大目に見ているのかと思っていましたら、突如フランスがスピードを入れてきました。

食品衛生局が突如「足を水につける以上、厳密な対応が必要だ」と発表しました。特に、糖尿病、足に皮膚病のある人、そして免疫の低下のある人には重要な感染のリスクがあると指摘しています。

すごいのは、角質を取りに来る人は、伝染性の理由により角質が形成されている場合があり、その場合、この足湯が逆に伝染源になってしまうことも心配されるそうです、これでは怖くて足湯なんかも入れませんね。

そこで、やっぱり、ドクターフィッシュに関わる人に免許かそれに類するものを設定、それぞれの足湯の衛生管理の徹底化(書類化)、そしてドクターフィッシュ自体の系統の管理。

なんか、天下り先の確保にすごーく似ていますが、美の国フランスの美容への徹底した姿勢と見ることにしましょう。最後におもしろいのはフランス語ではドクターフィッシュはフィッシュペディキュアと、英語を二つ続けた造語になっています。
スポンサーサイト



テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース


とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
[2013/05/28 15:02] URL | 株の用語 #- [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ペドラパン

Author:ペドラパン
ときどき覗くフランスのメディアの記事で日本ではあまり紹介されていないものをとりあげます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

訪問者数