FC2ブログ
フランスのメディアの話題から
日々覗いている仏メディアで日本で報道されていないものをメモします
まるで梅雨の様にひっそりと経済統計局がフランスの不況入りを宣言しました。もっともホランド大統領の政府は相変わらず2013年は0.1%の成長を変えていません。

統計局によるとフランスのGDPは0.2%緊縮し、さらに2013年は0.3%の緊縮が予想されるとのことです。しかし、2012年もゼロ成長と言われたフランス人にとってはとっくに不況入りしていたとしか感じられないようです。

政府が予測していた楽観的な数字はことごとくひっくり返っています。しかし、人口の増加が一番大事だとする人がいますが、人口が増加しているフランスがこういう状態なのはどうしてなんでしょう。

いくつか考えられるのは、フランス式の大企業によるブランドビジネスはいかにも簡単に国境をまたいでしまうということだと思います、中国で作られたってあの有名なマークがついていれば本物なわけです。それと、日本と違うのはフランス経営者は非常に企業の成長に熱心で国のためにフランスに工場を残すとかはあまり考えないのも大きいのかもしれません。

しかし、社会党のホランド大統領にとって、この不況脱出はかなりきびしいでしょうねぇ。
スポンサーサイト



テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ペドラパン

Author:ペドラパン
ときどき覗くフランスのメディアの記事で日本ではあまり紹介されていないものをとりあげます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

訪問者数