FC2ブログ
フランスのメディアの話題から
日々覗いている仏メディアで日本で報道されていないものをメモします
肉食への不信感から菜食に切り替える人が増えているフランスですが、完全な菜食主義者には注意が必要な食品があるという記事です。

slide_298040_2464946_freeblog.jpg

画像をクリックで元記事に飛びます

チーズ:チーズにはレネットという子牛や子羊の胃からとった酵素で固めたものが存在します。高価なので発酵などで作られたものも多く使われていますが、子牛や子羊のものは生きたままでは取れないので肉をたべるのと同じだとか。

slide_298040_2464947_freeblog.jpg

バナナ:これは日本で行われているかどうか不明ですが、フランスのバナナには長持ちするように表面をキチンやキトサンで処理したものが多くあるようです。もちろん、これはカニの甲羅や、イカの甲で作られています。ま、皮は食べないのですが。皮なしでは買えないし。

slide_298040_2464948_freeblog.jpg
ビールとワイン:ビールとかワインにはアイシングラスという清澄剤、そう濁りを抑えるためのゼラチンが使われることがあるそうです。これは魚の浮き袋から作られています。

slide_298040_2464975_freeblog.jpg

ケーキ:これも意外なことにケーキに使われる白砂糖ですが、きれいに白く精製するために、ボーンチャーと言われる動物の骨を炭化した炭が使われているものがあるそうです。それに、特に安価なケーキでは動物性の油脂が使われているものがあります、これは通常成分表に記載されています。またヨーグルト類のケーキではゼラチンが使われていることがありますが、これも動物の骨や皮から作られています。

slide_298040_2465137_freeblog.jpg

オリーブオイル:びっくりですが、フランスのオリーブオイルにはオメガ3脂肪酸(日本ではDHAとかEPAの方が有名ですが)を添加しているものがけっこうあるようです。当然これは魚から抽出されています。

まあ、げっそりするような記事ですが、厳密な菜食主義者のみなさん、フランス旅行の際には気を付けてください。


スポンサーサイト



テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ペドラパン

Author:ペドラパン
ときどき覗くフランスのメディアの記事で日本ではあまり紹介されていないものをとりあげます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

訪問者数