FC2ブログ
フランスのメディアの話題から
日々覗いている仏メディアで日本で報道されていないものをメモします
このブログの趣旨には外れるのですが、気持ち悪くなるような反日の記事を訳したので、少し慰安婦問題で不思議に思っていることを書きたいと思います。

フランスにこじつけるために最初に慰安婦をウィキペディアのフランス語で見ると、まあ大半は日本帝国軍や政府が慰安婦の募集と慰安所の運営に関与したとされるという記述ですが、最後に慰安婦問題は1983年の吉田清治氏の発言で大きく取り上げられたが、その後、同氏はこれを後日完全な虚偽のものだったと、取り消したと入れています。これに比べると英語のウィキはもっと日本が悪い一辺倒という感じがします。

しかし、もっと不思議なのは 、「韓国軍慰安婦」 というウィキの項目です。これを読むと韓国軍、韓国政府は韓国軍のみならず、在韓米軍、在韓国連軍向けに多数の慰安所を運営していたことが書かれています。ハングルですがリンクをたどると、韓国のサイトでも、朝鮮戦争等での韓国の慰安所のことが細かく書かれていて、ベトナムでは慰安所の設置を韓国軍が希望したのを、米軍が拒否した一方、朝鮮戦争では捕虜になった北朝鮮女性に、米軍将校が慰安婦になることを提案して、断わられる場面も書かれています。もう一つとても気味の悪いことにこのウィキの項目はなんと日本語と中国語にしかなっていません、珍しい英語のない項目です。

そして極めつけが 崔碩栄教授の「韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由」に記載された慰安婦問題の過去掲載件数の推移です。下の表にあるように、あるところまでは韓国での慰安婦問題というのはほとんど米軍相手の問題であったのが、日本が相手になったとたんに、すぱっと日本相手の問題に切り替わっています。アメリカの法廷に訴えた、米軍相手の慰安婦もいたという記事が、ニューズウィークの記事になったという話もあるようですが、全く盛り上がらなかったようです。

当然のように、韓国の慰安婦は、補償はされていなく、名乗ることを断念した人には残念料が配られたという記事があります。

米軍向け韓国人慰安婦

そこで考えるのですが、

* 韓国からすれば、慰安所というシステムは日本に倣ったものだから、当然日本政府や軍がやっていたというロジック(思い込み)があるのかもしれません。
* もう一つ韓国からすれば、全く無視するアメリカより、元々悪者の、日本の方が国民的にもいい相手なのでしょう。
* 次に、アメリカからすれば、1980年頃まで慰安所が存在していた場合、まだ現役の国民が巻き込まれる問題、そして、これを金にしようとする弁護士が出てくるリスク、となれば、橋下市長が何を言おうが聞くわけがありませんね。
* ましてや、戦地での汚らわしい話をマイホームに持ち込みたくないという、アメリカ文化の二面性はまちがいなくあるでしょう。
* 国連軍の問題は国連事務総長が韓国出身ですから何も望めないでしょう。
* そして思うのはなぜ、こういう韓国シンパみたいな人がいて、反論してくれる日本シンパはいないのでしょうか?フランスで見る日本シンパという人は、みなけっこう細かい分野に興味が集中していて、政治まで口をつっこまないのに対して、韓国はまだ興味の対象として小さいので全面的な興味の対象になっているということはあるでしょう。しかし、日仏の共同研究みたいな形でこの問題を研究して、もっと公平な世論を形成するのは意味があるのではないでしょうか。

スポンサーサイト



テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ペドラパン

Author:ペドラパン
ときどき覗くフランスのメディアの記事で日本ではあまり紹介されていないものをとりあげます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

訪問者数