FC2ブログ
フランスのメディアの話題から
日々覗いている仏メディアで日本で報道されていないものをメモします
学校でジャンクと言われる食べ物や飲み物の宣伝を禁止する、ペルーのフマラ大統領の決断が話題になっています。大手食品業界から猛烈な批判にさらされていた法案がとうとう施工されました。

この法律はさらに、学校での運動活動の推進と、自然食品を扱う食堂と売店の設置も促しています。制限されるジャンクフードはポテトチップスのようなスナック類、チョコバー等、それと甘い清涼飲料水、大量の宣伝の子供市場をターゲットにする産業ですから、反発は想像に難くありません。

女性の52%と5歳から9歳の子供の24%が肥満状態にあると言われているペルーは現在南米でも有数の経済発展中の国で、トランス脂肪酸や多くの砂糖など、子供の健康にどう見ても適さない食品、飲料の宣伝活動があふれかえっていた模様です。

大統領はタバコの規制を頭に置いているようで、今後パッケージにその食品、飲料の健康に対する影響を掲示させることも考えているとも言われていますが、同様の試みは大企業の反発でなかなか進んでいないとも言われています。大型容器の飲料水の販売を禁止した、ニューヨークのケースなどありましたが、ペルーのケースが今後どう展開するか注目です。
スポンサーサイト



テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ペドラパン

Author:ペドラパン
ときどき覗くフランスのメディアの記事で日本ではあまり紹介されていないものをとりあげます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

訪問者数